特定の症状

こり・ストレス由来の緊張型頭痛に、おすすめです。

「お知らせ・コロナ対策について」
セルフロッテでは感染リスクの高まる「三密」環境は全てクリアしており、パンデミック以前からサロンの入室はお客様1名となっております。どうぞご安心下さい。

こんにちは、霧城です。

今のあなたの頭痛の原因がこりやストレス由来の緊張型頭痛であれば、アイソレーション(フローティング)タンクはとても手っ取り早く有効です。

過去私も頭痛には散々悩まされ、頭痛がひどいと仕事を中断せざる終えず、本当につらい経験をたくさんしました(当時の仲間、ごめんなさい)

 

頭痛のメカニズムは未だ謎があり解明されていないのですが主な原因として、交感神経の過剰・筋肉の緊張による血管の圧迫、血液循環の不良などによって起こると言われますので、脳に伝わる刺激を限りなく減らし緊張した全神経を和らげる働きがあるタンクはとても効率的です。

※これはアメリカ・オーストラリア・スウェーデンの実験でも明らかになっています。

 

ですが、痛みの発生源が頭部ですので痛みが強い場合、即「頭痛外来」で検索し専門医にご相談下さい。

 

自己紹介です

さて、あなた誰?ですよね。軽く自己紹介します。

今はタンクで蘇り元気ですが、過去ストレスで体調を崩し仕事を失った辛い経験があります。タンクキャリアは20年あり、REST(環境刺激制限技法)の現象を研究し続けている数少ない専門家です。
現在は「セルフロッテ」をリラクゼーションサロンとして運営し、都内では一番実績あるタンクサロン・オーナーです。RESTを利用し企業や大学との共同研究も行っています。

 

薬という選択

改善が面倒だったり不可能で、サクッと薬という選択もあるのですが・・・

医師の処方する薬は抜群の威力を発揮する反面、本当に便利なのでついつい乱用しがちになります。

頭痛発作の不安があると予防的に薬を服用し、鎮痛薬の複合的な影響や濃度で頭痛を逆に慢性化させしまうケースもあり本当に危険です(過去の私はその傾向がありました)

頭痛の予防法は単純明快で、リラックス・睡眠・食事です。なるべく自力で自然由来の回復法で道筋を考えていきましょう♪

 

緊張型頭痛の主な原因

一応、緊張型頭痛の主な原因・由来を挙げておきます。

理由は、あなたの悪しき生活習慣を見直すことで、ある程度の頭痛はコントロールできるからです。思い当たる項目が複数ある人は減らす努力、そして変えていきましょう♪

 

精神的疲労・歯の噛み合わせ・眼精疲労・長時間同じ姿勢・首こり・肩こり

高すぎる枕・姿勢の悪さ・骨格のズレ歪み・不眠・冷え性・多量の飲酒

月経・高層階の職場・高層マンションの自宅

 

その他、食品由来の意外な原因

ワイン・チーズ・チョコレート・ハム・ソーセージ・ナッツ・アスパルテームなど

※これはその人の体質・感受性によって頭痛が誘発される場合があるものです。

単独の誘発因子だけではなく、同時に2つ以上の誘発因子で頭痛発作が出る稀なケースがあります(赤ワイン&ブルーチーズ、生理周期&赤ワイン、ストレス&チョコレートなど)

 

頭痛・2つの原因

さて、セルフロッテで多くのお客さまを見ていると、頭痛に結び付く明らかな原因があります。緊張型頭痛の主な原因を先ほど述べましたが、この大元の原因は2つに集約されます。

それは・・・「自律神経の乱れ」と「骨格のズレ・歪み」です。

この大元の原因2つは決定的だと私は思っていて、うつ病・慢性疲労症候群・不定愁訴・不眠症などにも繋がる原因で、この2つの原因を速やかに解決することが頭痛の根本解決に即繋がります。

 

そこで、タンクです

タンクの良い所は、自律神経を穏やかに・骨格矯正・筋肉弛緩・※生体微弱電流の充足、などを浮いた瞬間から全て同時進行で全身をほぐしていきます。

※生体微弱電流・・・細胞間には100~200µアンペアの電流が存在し、脳波・心電図・体脂肪計などの計測に使用されるエネルギー

 

このホリスティック的なタンク調整は実に効率よく、複数の不調を全て同時に整えます。

 

特に頭部と首のつなぎ目(頭蓋頚椎移行部)のズレが多くの不具合を招く原因があり、ここをタンクでは全身の浮力を利用し調整する傾向があるので、全身への影響ははかり知れません。

なので、もしあなたがドクターショッピングをしているならば、実に興味深い過去例のない変化が訪れます(個人差あり)

 

神ってる現象では無い

ですが初めにお伝えしましたが、このような現象はタンク環境(REST)での臨床試験ではごく普通の現象で、なにも神ってる出来事ではありません。

要するに的を得ている、だけのことです。

タンクが誕生し60年以上の歴史がありますが、途中研究が中断した時期はありましたが、いまだアメリカ・オーストラリア・スウェーデンでは臨床試験が行われており、特に発症国のアメリカでは盛んで、アメリカの医師達はタンクを上手く取り入れ、線維筋痛症などは、それだけの組織を作り研究を進めています。

 

タンクはプロフェッショナルです

話が少しそれました・・・

タンクは自律神経をなだめ、リラックスに導くのはプロフェッショナルです。

ですがプロフェッショナル過ぎて、気づかぬ不具合もメンテナンスしてしまい、お客さまが不安になる現象が起きる時があります。

ごく稀なケース

実はリラックスした時にも頭痛は出現します。

ごく稀なケースですがタンク中・タンク後に頭痛がする場合があるのです。

これはセルフロッテにご来店されたお客さまが、精神的ストレスにより常時緊張して血管が収縮している状態を保っているときに、タンクで副交感神経が優位になり脳血管が急激に緩み拡張したときに起きる現象です。

その後は維持システムがサクッと働き、痛みは忘れ正常になるので全く心配は無いのですが、この現象が出た場合に疑われるのは、自律神経が常に興奮状態でリラックスしずらい精神状態であることが読み取れます(注意ですね)

 

まとめ

私たちの身体機能はどの人にも共通の仕組みがある反面、かなりの個体差・健康状態差があるので、同じようにタンクに浮いても同じような感じがあるわけではありません。

ですがセルフロッテにおいてはそのムラ・バラつきを無くす工夫を幾重にも仕組み、長年培ったノウハウで最大限に伸ばす手間とコストをかけております。

 

気になる方はセルフロッテの体験談をご覧ください。多種多様な多くの声を挙げています。とても参考になるページで、随時新たな例を追加・更新しております。

それでも不安や疑問のある方はセルフロッテHPよりご相談ください。

長期で自律神経由来でお困りの方【特別ご優待のおしらせ】「お知らせ・コロナ対策について」 セルフロッテでは感染リスクの高まる「三密」環境は全てクリアしており、パンデミック以前からサロンの入室...