特定の症状

最も理想な「天然血液クレンジング(薬理活性療法)」

Natural blood cleansing

「お知らせ・コロナ対策について」
セルフロッテでは感染リスクの高まる「三密」環境は全てクリアしており、パンデミック以前からサロンの入室はお客様1名づづ入れ替え制です。どうぞご安心下さい。

 

天然血液クレンジング(薬理活性療法)は、タンクによる環境刺激制限療法(REST)で十分に身体を整えた上で利用するのが良い人と、タンク経験無くとも利用価値が十分に得られる人に分けられます。

タンク & 天然血液クレンジング(薬理活性療法)

◎タンク現象を簡単に述べると~
骨格矯正 筋肉弛緩 体液循環 神経系調整 細胞活性 解毒 心身開放 脳疲労解消

◎天然血液クレンジング(薬理活性療法)現象を簡単に述べると~
血液浄化 血栓溶解 毛細血管再生 血管壁修復 炎症抑制 鎮痛作用 抗酸化

 

「全ての病は血液の汚れから」「人は血管とともに老いる」
天然血液クレンジング(薬理活性療法)を体験することは大きなメリットをもたらします。
以下に具体的な能動的変化を6つあげます。

・害化するシステムの復元
・血液の分子レベルでの再構築
・静脈動脈・リンパ管の浄化と強化
・アルカリ性・酸性のPHバランスの維持
・血液やその他、液体の粘度レベルの調整
・循環器系の停滞解消による細胞の活性化

血液成分が本来のバランスを取り戻すと血中の白血球、特にリンパ球(NK細胞)が強化され、本来の免疫システム機能が高まることが解っています。

 

天然血液クレンジング(薬理活性療法)の起源は3500年前になり、現代医学が発達するまで最も優れた療法の一つでした。そして2004年FDA(米国連邦医薬品局)は改めて安全性・有用性を正式に承認し、自然療法先進国ドイツでは医薬品に分類されています。

 

100の薬理成分・60の異なる酵素

天然血液クレンジング(薬理活性療法)の万能性は100の薬理学的な成分が鎮痛・血管拡張・抗炎症・血栓溶解・血液抗凝固・血流増加・解毒・抗ガン・静菌・抗菌・脳細胞保護などに影響を与え、リンパ系からの毒素除去が研究で解っています。

 

その他~60の異なる天然酵素・未知なる有効成分を有し、体内の生理機能に広く利益をもたらし、以下のような想いがある人に有効で経済的、副作用もほぼ無い理想の療法です。

・長年の不調
・副作用がつらい
・治療後の経過に不満
・自然療法を試したい
・経過観察はしたくない
・高額治療費への戸惑い
・低成功率な治療への迷い
・体に傷後を残したくない
・肉体や精神への負担軽減

 

国際的に有効性が確認されているもの

腰痛 腱鞘炎 関節炎 糖尿病 解毒 老化 五十肩 慢性コリ 慢性疲労 抗酸化

歯肉炎 歯周病 乳児脳性麻痺 腎臓病 肝臓病 片頭痛 皮膚疾患 慢性皮膚炎

静脈疾患 脳血管疾患 パーキンソン病 前立腺不全 反復運動過多損傷 睡眠障害

ガン細胞抑制 活性酸素除去 脂質異常症 動脈硬化 エコノミークラス症候群 痛風

子宮内膜症 乳腺炎 不妊症 痔核 関節リウマチ 創傷 脱毛症 禿げ 膠原病

血栓症 塞栓症 血腫 白内障 緑内障 眼窩周囲血腫 脈絡網膜炎 結膜炎 角膜炎

スポーツ障害 血管壁修復 免疫調整 細菌誘発性疾患 皮膚線維腫 肺塞栓症 痛風

胃出血 胆嚢炎 膵炎 胃潰瘍 アテローム性動脈硬化症 膀胱炎 仙腸関節炎

アルツハイマー 多発性硬化症 突発性難聴 耳鳴り 中耳炎 凝固機能異常肥満

心筋梗塞 頸肩腕症候群 母指CM関節症 高脂血症 血管再生 食中毒 高血圧

不妊治療

キット購入料金・その他詳細

※ご利用キット購入料金(当日現金一括払)
1セット(1回70~90分)・・・16,500円(税込)
2セット・・・33,000円→5%OFF 31,350円(税込)購入使用後から6ヶ月有効
3セット・・・49,500円→10%OFF 44,550円(税込)購入使用後から12ヶ月有効

(購入後の使用はご本人以外でもご利用になれます)

持続性

最短で約2か月~最長で1~2年、平均3~6ヶ月の持続性を有すると研究上のデータがあり、この差についての研究報告は見つかりません。3回やって何も反応しない場合は断念が無難との報告があります。

生薬との相性

生薬との相乗効果も素晴らしく、早期解決を望む方にはとても有効でお薦めです。ご興味のある方はアドバイス致します。詳しくはご予約当日にお尋ね下さい。

注意事項

注意事項①・・・材料入手が困難なため時折中断があります。早めの確認・ご予約が無難です。商品はご来店して頂き購入となり通販商品ではございません。

注意事項②・・・予約確定後のリスケはご遠慮下さい。予約破棄の場合100%キャンセル料が発生します。確実に来店可能な日をご指定ください。

注意事項③・・・来店前日はアルコール・カフェイン・ニコチンを含有する製品は禁止です。その後の数日間も控えることが理想です。

ご購入不可能な方

18歳以下 免疫不全 出血性疾患 動脈不全、重度の貧血 低血圧 血友病 白血病 妊娠精神障害 アナフィラキシー経験者 活動性結核 免疫不全 精神障害 体調不良 不安定な医学的状態

その他

その他①・・・家族性の高脂血症で症状の強い方は、終了までの時間が長引く可能性が高く90~180分の時間を取る場合があります。

その他②・・・稀に部分的に軽くカユミが出るときがあります。つらい場合はかゆみ止め薬などをご使用下さい。

その他③・・・不明な点は予め「お問合せフォーム」にて、①聞きたいこと・②試してみたい理由、などを明記の上お問合せ下さい(タンク体験ご来店時に確認可能)

 

海外の研究・臨床試験・大学病院での結果

さて、以下は個別の状態に対する海外の研究・臨床試験・大学病院での結果報告を共有します。この記録を読むと薬物療法・放射線治療・内視鏡手術・腹腔鏡手術・外科手術の前に検討すべき療法であることが解ります。

子宮内膜症

子宮内膜症に苦しんでいる女性にとって非常に有益であることがわかっています。

血栓を引き起こす血液の凝固を防ぐことができる酵素が豊富に含まれ、酵素が血餅を溶解し子宮への正常な血流を回復し毒素が洗い流されます。女性と血液(月経)は蜜月関係であることが如実に解ります。

子宮内膜症の痛みの原因は、子宮壁に付着した血餅とその領域の腫れによって引き起こされ、さらに痛みを増大させる可能性のある毒素を閉じ込めています。

この療法には血栓を引き起こす血液の凝固を防ぐ酵素が豊富に含まれています。これらの酵素が血餅を溶解し、子宮への正常な血流を回復すると毒素が洗い流されます。

成分に含まれるもう1つの重要な化合物は炎症の軽減を助ける抗炎症酵素です。炎症が治まると血液は血管に自由に流れ込み血管拡張作用によりさらに拡張されます。

成分には抗菌作用も有し、子宮とその周辺を細菌感染から保護し痛みや腫れを引き起こす可能性を分散しますので、子宮トラブル全般に有効な可能性を秘めています。

 

片頭痛

片頭痛は心臓で形成された小さな血栓によって引き起こされそれが脳に移動し、これらの血栓が脳への血流を妨害し片頭痛の典型的な症状を引き起こすことを示唆する一つの理論があります。

この療法では血液の抗凝固作用でより簡単かつ迅速に流れが生まれ、痛みを伴う領域への循環が変化し痛みは分散する傾向にあります。

特に脳機能に副作用を引き起こす薬は短期・長期共に悪影響を及ぼし、生活の質を落としかねませんのでこの療法は理想的といえます。

 

皮膚病の治療

一般的な皮膚病は表皮と真皮の2つの最上層で発生することがよくあります。単純な皮膚病は一般に数日後に皮膚が脱落するため簡単に治癒しますが、より複雑な皮膚病は皮下組織レベルに根ざしており治癒も原因特定も困難で、一部の皮膚病は不治になり寛解と悪化を繰り返します。

この療法は体内部からの原因排除作用により、特定の部位にとどまらず全身に好影響を与える特徴があります。

 

癤(せつ)・おでき

癤は皮膚の奥深くにある感染症です。炎症は徐々に赤くなり領域は徐々に柔らかく固くなります。”目” は中央に形成され、白血球・死んだバクテリア・タンパク質で構成される膿と呼ばれる黄色い液体が含まれており、細菌感染した部位を速やかに解消します。

 

帯状疱疹・ヘルペス帯状疱疹

成人のウイルス性皮膚疾患であり、小児期の水痘の発作から残った休眠中のウイルス性物質の成人期の再活性化が原因で発生します。

水痘に対する生涯にわたる免疫が一般的に言われていますが、水痘を引き起こすウイルスは感覚神経細胞に何年も休眠状態にあり、免疫系が弱いときに再活性化し帯状疱疹の発作を引き起こし、炎症・痛み、小さな皮膚の水ぶくれの発疹がでます。

帯状疱疹の皮膚症状は深刻ではありませんが、下にある神経の炎症によって引き起こされる痛みはひどく数週間続くことがあります。この療法は鎮痛効果のある物質が含まれ一般的な鎮痛剤よりも強力で長持ちするエビデンスが有ります。

 

乾癬

この療法で可能な皮膚病はたくさんありますが、言及する価値のある病気の1つは乾癬です。乾癬は皮膚細胞が急速に置き換わるときに発生する一般的な皮膚の状態です。多くの異なるタイプがありますが最も一般的なのは慢性尋常性乾癬です。

この療法で免疫機能の正常化、より深い組織から血液や病的な体液を排出するために安全かつ効果的に使用されます。

 

関節炎と鎮痛剤

鎮痛効果は変形性関節症の患者を対象とした多くの試験で確認されており、ヒアルロニダーゼ酵素が関節包に有効成分を浸透、リンパの好循環も促進され腫れと痛みを抑えつつ関節機能にも変化が出ます。これは抗炎症作用のあるジクロフェナクよりも良い結果が認められています。
(この研究は当時話題となり米学術雑誌「Annals of Internal Medicine」「Nature」にも掲載)

いくつかの研究では関節リウマチ患者の自己抗原として作用する滑膜刺激タンパク質の誘導体であるDINGタンパク質を阻害することにより、関節炎患者の滑膜炎症を軽減できることを証明しています。そしてこの一連の変化は少なくとも2か月間、最長1~2年継続したと伝えています。

他の臨床試験では進行性変形性関節症の鎮痛剤の摂取の必要性を効果的に減らすことが証明され、4週間間隔での二重治療レジメンは、自然植物由来の製剤との組み合わせ療法の有効性も評価されています。

 

糖尿病とその合併症

糖尿病の最も重篤な合併症の1つは冠状動脈アテローム性動脈硬化症、高血糖、血中脂質レベルの上昇、血小板接着障害、凝固因子、高血圧、酸化ストレス、および炎症による心血管系合併症です。

糖尿病患者は粘性のある血液を持っているため、血栓を発症するリスクが高くなります。血栓の発生と全身循環への移動は誰にとっても深刻な脅威となり、即死を引き起こす可能性があるため血液凝固の抑制が不可欠です。

この療法は血液希釈効果により血栓を防ぎ、血液濃度を下げ循環を容易にし心臓や血管への圧力を和らげ負担を軽減します。

糖尿病患者の末梢血管合併症は体の遠位部分への血流を減少させ、壊疽のような手足の虚血性疾患を引き起こす可能性があります。

壊疽の制御は末梢血管の血液循環を増加させ、血圧と脂質血症の両方を低下させることは糖尿病患者にとって非常に重要です。体の遠位部分への血流を増強し凝固障害を軽減するためにこの療法は優位といえます。

 

歯科

歯周病や膿瘍・炎症を効果的に治療する事が解っています。

抗凝固作用は歯茎の血流を増加させ毒素を洗い流し、患部への栄養素の供給を可能にします。これらの抗凝固成分は、歯茎に形成される可能性のある歯周炎や歯茎膿瘍・血栓を溶解するのにも驚異的な働きをします。

他の有益な成分は、歯茎の腫れや炎症を軽減する抗炎症で、細菌の増殖を抑えるのに役立つ抗菌成分も含まれていますので、インプラントなどの術後リスクを下げます。

 

聴覚と耳の異常

耳鳴り急・性および慢性中耳炎の治療にうまく使用されたと報告があり、突然の難聴に適用されています。耳鳴りの原因が不明にもかかわらず大きな利益をもたらすした事例があります。

まず有益な酵素と成分が体内に広がり血栓を分解します。血管は酵素によって拡張され良好な循環を保ち、抗菌酵素も放出され耳の問題を引き起こしているバクテリアを排除。これらの抗菌効果は免疫システムを高めさらなる感染リスクを下げます。

 

眼疾患の進行

緑内障は硝子体液の産生が多すぎる場合、または硝子体液の再吸収が非常に遅い場合に発生する状態です。

硝子体液が多すぎると、眼圧が上昇して眼の構造が圧迫されるという問題が生じる可能性があります。これにより視力が徐々にぼやけ、ゆっくりではあるが確実に視力が失われます。

この療法で眼への血流速度の調整が起きると、硝子体液の生成が減少し眼内の圧力が低下します。この手順が定期的かつ頻繁に行われることで硝子体液の生成を調整します。

その領域の全体的な血圧を下げるために処方する薬と組み合わせて行われる場合、緑内障患者の助けになります。

 

脱毛症・禿げ

この療法は血行を促進することが知られているため、薄毛や禿げた部分に適用すると血行の増加が毛包を強くし、栄養素の濃度と供給を高め髪の成長を促進します。

真菌感染症またはフケによって引き起こされる脱毛症に苦しむ人々は、抗菌成分を通して利益を得ることが可能です。平均してこの療法は通常6〜8か月ごとに繰り返されます。

頭の中の禿げた部分は、他の部分に比べて血液循環が少ないため髪の密度が低くなります。この地域での真菌の増殖は血流の低下を引き起こす要因の1つである可能性があります。

この療法は一般的に脱毛症の治療とは関係ありませんが効果的な例があります。血液循環が改善され、真菌感染に対する身体の自然な防御が再び患部に届けられ、それによって状態改善が現れます。

 

高血圧

血圧を下げるのに役立つ多くの有益な酵素が含まれていることが様々な研究を通じ知られています。

成分に含まれる抗凝固酵素は血液の凝固傾向を低下させ、体内への良好な血流を促進します。また血栓を溶解する別の酵素もあるため、血栓を破壊するだけでなく血栓をも防ぎます。その変化は体の他の部分にも移動し、収縮期と拡張期の両方の圧力の顕著な低下を引き起こします。

 

スポーツ障害

成分中に含まれる酵素の働きにより、スポーツ傷害の治癒過程で非常に有益な変化が確認されています。

成分に含まれる酵素は血管を拡張し他の酵素と協力して毒素を洗い流し、健康な循環を促進して治癒過程を加速します。細菌の生成を防ぎ排除するのに役立つ抗菌酵素も含みます。

損傷部位の炎症・腫れ・痛みを軽減し正常な機能を促進し痛みを和らげる麻酔酵素と、存在する細菌を破壊して部位のさらなる感染を防ぐ抗菌酵素も作用します。これらはすべてスポーツ傷害の治癒プロセスをスピードアップするために連携して機能します。

 

再建および顕微手術

マイクロサージャリーは、組織または切断された指の再移植中に小さな血管、静脈、および動脈を吻合することを目的として、顕微鏡下でマイクロインスツルメントを使用して実行される外科手術の一種です。

動脈血栓症は一般的ではありませんが、静脈閉塞は新しく移植された組織では深刻な脅威であり、血栓形成・うっ滞、そして最終的には組織壊死につながる可能性があります。

外傷性切断後に付属肢が再付着すると、より大きな動脈血管を再接続できることがよくありますが、より細いより繊細な静脈血管は再接続できません。

体は最終的に、酸素が枯渇した血液の領域を排出するために必要な静脈接続を発達させますが、これが十分に迅速に起こらない場合、静脈血は腫れと圧力を生み出し、新鮮な動脈血がもはや入ることができない可能性があります。

その他、軟組織を保護し顔の再建手術後の治癒を促進し、より自然に完全に治癒するのを助ける働きも確認されています。

 

癌と転移

腫瘍自体の治療に使用するのではなく、局所的な痛みを和らげるために一般的に使用されています。この療法での体のシステムと天然物質内の生化学的相互作用は有効な可能性を秘めています。

中皮腫からの転移について有望な結果が得られています。さらに他の抗凝固剤誘導体は細胞増殖および腫瘍血管新生を減少させるだけでなく同様の効果を有すると主張されています。

頭頸部がん

研究者たちは患者に過酷な手術を行うのではなく、血流を改善し頭頸部がん患者の「遊離皮弁」再建の治癒を成功させることができると示唆しています。

 

心血管疾患

血流・結合組織の痛覚過敏に変化を与える。血管障害の治療代替療法として有効である。

血管疾患

血栓やフィブリン血餅を溶解し血栓の形成を阻害する多機能性i-型酵素により抗菌活性を呈することが示されています。成分には第Xa因子阻害剤も含まれており、この化合物は凝固第Xa因子の凝固作用を抑制しします。

また間質液の粘度を高めるヒアルロニダーゼも含まれています。血管拡張作用のために、それはアセチルコリンとヒスタミンのような物質と同様にカルボキシペプチダーゼA阻害剤を持ちます。これらの3つは収縮した血管を拡張し血流増加に影響します。

上記のすべてが連携し血液の粘度を調整し血流に影響を与えます。粘稠度の高い血液は凝固を起こしやすく個人の血圧を上昇させます。

これらの血栓は、体のさまざまな部分に移動して血管を塞ぐ可能性があり、脳卒中や心臓発作を引き起こす可能性があります。

濃厚な血液は遠位端・特に指や足の指の先端が、十分な酸素化された血液と必要な栄養素を受け取れないリスクをもたらします。したがって、この抗凝固成分は自然に血液を薄め血小板の凝固を阻害する働きをするために重要です。

 

腎臓病

腎臓は、血液の粘度の上昇などの糖尿病の影響によって損傷を受ける可能性があるため、この成分に含まれる酵素は血液の凝固や血液の肥厚を防ぐのに役立ちます。

腎臓のろ過機能へのストレスを軽減するもう1つの重要な酵素は血栓溶解酵素です。
良好な血流循環を促進するために血管はヒスタミン様酵素によって拡張されます。

これらの酵素はすべて一緒に働き、腎臓が良好な血液循環を受け取るのに役立ちます。
腎臓が毒素や老廃物を体から適切にろ過するのを助けます。

腎臓の炎症がその濾過作用を妨げる場合、成分中の抗炎症化合物を介し有益であることが証明される可能性があります。他の利点は腎臓が感染と戦う抗菌作用がみられます。

 

肝炎

肝臓は非常に重要な器官で、体から毒素をろ過する機能を果たし、重要な酵素を生成しビタミンや栄養素の貯蔵領域としてバランスを維持するのに役立ちます。

肝臓の感染症や炎症を防ぐには健康的な血液供給が必要です。この成分に含まれる有益な酵素には腫れ抑制に役立つ抗炎症酵素や、血管を血管拡張するヒスタミン様酵素が含まれ病と戦う抗菌成分も有します。

 

静脈疾患

静脈疾患に苦しむ患者を助けることが複数のエビデンスに確認されます。

静脈瘤から感じる痛みや腫れを軽減し形成された血栓溶解を助けます。しかし静脈疾患が不十分な弁と不十分な血管拡張によって引き起こされる患者には有効ではありません。

この成分には血液が凝固したり濃くなったりするのを調整する特性を持っています。これとは別に静脈を閉塞する可能性のある形成された血餅を分解する酵素もあります。

これらの2つの特性は、血液濃度を調整し静脈内を自由に流れる働きをします。この機能をさらに助けるために別の酵素も作用し良い血流を可能にします。

成分には抗菌作用もあり静脈疾患を合併した開放性の痛みを患っている人を助けます。この療法は圧迫ストッキング、体重管理、ダイエット、運動と組み合わせが最適です。

 

静脈うっ血

主に微小血管および形成外科の後に適切な動脈の流入と不十分な静脈の流出に起因する静脈うっ血を緩和するために使用されてきました。

静脈流出不全の典型的な兆候には薄暗い青みがかった肌の色、組織の浮腫、および活発な毛細血管補充時間の設定での再移植された組織の暖かさが含まれます。

静脈うっ血はデジタル再移植や皮弁手術などの形成外科手術の後に発生する可能性があります。

組織の血液供給を維持しながら、ある領域から別の領域に組織を移動させる組織弁移植は、積極的なこの療法の恩恵を受けることが示されています。

ある研究の研究者らは、外科的または薬理学的に矯正することができなかった静脈閉塞を伴う頭頸部の皮弁手術におけるこの療法の有効性を評価しました。

 

乳児脳性麻痺

私たちの脳は非常に厚い頭蓋骨に囲まれていますが、それでも非常に壊れやすい器官です。ですが乳児脳性麻痺の場合のようにまだ子宮内にいる場合でも簡単に損傷する可能性があります。

乳児脳性麻痺の患者に使用される薬の不快な副作用の1つは、個人が腫れや出血に苦しむ可能性がある血管合併症です。

血管合併症は健康を損ない多くの困難につながる可能性があり、腫れはまた脳への血流を減少させる可能性があります。脳障害は進行性ではありませんが合併症によってさらなる損傷が生じる可能性があり、健康な脳細胞の変性を引き起こす可能性があります。

抗凝固酵素は血液が脳に自由に流れるのを助け、血栓を引き起こす可能性のある肥厚を防ぐことが知られています。体内にすでに血栓が存在する場合は酵素が血栓を溶解し、血液が自由に流れるようにします。

 

植皮の治療

植皮の治癒過程にも長年使用されて研究が行われ、この療法が植皮の治癒過程を本当に助けることができることが発見されテストされ証明されています。

植皮の循環が悪くなるとチアノーゼ(血液中の酸素が不足している)になり移植された組織が死に硬化して冷えます。

成分に血管拡張成分が含まれているため、うっ血がさらに軽減され植皮への血流が促進されます。継続的な療法の後、植皮はすぐに暖かくピンクがかった色に変わります。これは十分な血液が供給されていることを示す良い兆候です。

 

その他・オーガニックフェイスリフト

比較的知られていませんがオーガニックフェイスリフトには長い歴史があります。

かつて日本の芸者の間で実践されていた美容の秘密は今ではベルギー・フランス・ドイツ・ロシア、その他のヨーロッパ諸国の美容専門家の一般的な健美の選択です。

現在オーガニックフェイスリフトはアメリカの著名人、つまり顔の外観に専門的に関心があり、安全で結果を生み出す代替治療法を見つけることに関心のある個人によって利用されています。

この療法には多くの活性酵素が含まれており、体に適用されると次の現象がおきます。

・血管の鮮度維持
・組織内の炎症軽減
・肌の弾力性とハリの回復
・リラックスして滑らかな肌
・多くの天然抗生物質の取得
・皮膚内の不要なバクテリア排除
・組織内の血液とリンパの循環増加
・皮膚内の不要な不純物や沈着物の溶解

 

私の体験報告(随時更新中~)

至って健康ですが変化が明らかにあり、健康のステージが上がりました。
以下に分かりやすく変化を述べます。

・体温の上昇
・集中力の向上
・体調と気分にムラが無い
・起床時の体のコリがほぼ無い
・アレルギー反応の軽減(約70~80%)
・トレーニングがとても楽、疲れない
・不規則な生活でも体調を維持できている
・睡眠の質の圧倒的な向上、毎朝脳スッキリ
・尿の色から判断し4~5日ずっと解毒をしていた
・風呂前の靴下境目のむくみ段差度がすごく減っている
・歯肉が成長している?!歯間ブラシが通る所が減ってきた

 

※セルフロッテは医療機関ではありません。
治療を目的とした医療行為は一切行なっておりません。

※すべてのお客様の診断および医学的質問への回答については、資格のある医療専門家からのアドバイスをお求め下さい。

※セルフロッテでの衛生は非常に厳しく管理されており、エプソムソルト溶液の循環濾過・オゾン殺菌(身体には無害です)、機材の分解・洗浄、定期的な外部への水質検査、保健所によるレジオネラ菌対策等の衛生指導の厳守・ 徹底に日々努めており、安心してご利用になれます。